大腸がんを改善できる治療法|病気の進行を抑える

女の人

欧米式の食事が原因のがん

シニア女性と先生

大腸がんは早期発見すれば100パーセント完治する病気です。そのためには定期的に集団検診を受ける必要があります。初期症状が出にくいので便秘や下痢が続くときには精密検査が必要です。日本人に大腸がんが増えたのは西洋式の食事が増えたからです。肉類を減らして野菜などの食物繊維を多く摂取する必要があります。

Read More

大腸にできた腫瘍を除去

女性

大腸がんは、大腸内で特に刺激を受けやすいS状結腸によくできます。しかし早期発見ができれば、内視鏡治療で腫瘍を除去できます。具体的には、内視鏡の先端についている輪で、腫瘍の根元を締めながら熱を与え、除去するのです。腫瘍がなだらかで膨らみが少ない場合には、生理食塩水の注入で押し上げてから輪で締めます。

Read More

食生活の変化による増加

カウンセリング

早期発見の重要性

日本では死亡原因のトップががんとなっていますが、大腸がんは第二次世界大戦後に患者の増加が顕著となっています。大腸は食物を消化する役割を担っており、食事の西欧化による肉類の摂取の増加が大腸に負担をかけて大腸がんが増加する要因となっています。医学の進歩によって大腸がんも早期発見をすれば治らない病気では無くなっています。40歳を過ぎると患者が増える傾向がありますので定期的に健康診断を受診する必要があります。一般的には潜血反応の検査を行いますが、潜血が見つかると精密検査を行わなければありませんので、最近は直接ファイバー検査を受ける人が増加しています。健診施設では一遍に多数を検診することが出来ませんので、最近は予約をしても何カ月も先になることが少なくないほど受診者が増加しています。

食生活の変換が重要

大腸がんは遺伝的な要素があることも判明していますので、親族に大腸がんの患者がいる場合には特に注意が必要です。飲酒や喫煙も大腸がんの発症要因の一つに挙げられておりますので適度な飲酒や禁煙は重要です。最も大きな要因に食事がありますので食生活の見直しが必要です。基本的には繊維質の食物を重点的に摂取することによって大腸がんに罹患することを防ぐことが出来ます。たんぱく質の摂取については植物性のたんぱく質や魚を中心に食事をするようにすることが重要です。万一、大腸がんが発見された場合には発症箇所にもよりますが、周辺のリンパ節まで切除することが重要です。大腸がんは肺などへの転移がし易いので転移を防ぐことが必要な措置となっています。

大きな特徴

病院

大腸がんは、男性だけではなく、女性でもなりやすい病気です。死亡の原因に大腸がんという割合が高いです。また定期的な検査をして、早期に治療をすれば、治る事もあります。なので、継続的に検査をする事が大事です。

Read More